病院指標

令和3年度 大館市立総合 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 445 78 110 232 262 387 859 1453 1294 388
令和3年度の全退院患者数は、5,508人で、そのうち60歳以上が全体の7割を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器・循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 86 19.03 17.35 11.63 85.00
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 41 10.59 10.24 2.44 83.32
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 35 5.97 3.06 2.86 69.80
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 28 3.68 4.36 0.00 71.46
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 22 11.68 11.87 0.00 71.77
呼吸器・循環器内科で最も多い症例は、心不全です。
R2年度に比べ、狭心症の症例が多くなっています。
消化器・血液・腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 91 8.20 9.21 3.30 81.00
060060xx9710xx 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 49 12.76 12.97 2.04 81.27
060020xx04xxxx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 42 7.71 7.96 0.00 75.40
060020xx99x3xx 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等23あり 31 6.58 6.13 0.00 74.61
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 28 12.39 10.48 0.00 77.57
消化器・血液・腫瘍内科で最も多い症例は、限局性腹腔膿瘍手術を行った胆管結石、胆管炎です。
次いで、R2年度には上位5位外であった胆嚢・肝外胆管がんの症例が多くなっています。
内分泌・代謝・神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
10007xxxxxx0xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等2なし 37 12.62 11.15 2.70 66.08
10007xxxxxx1xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等21あり 34 15.85 14.41 0.00 69.71
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 15 18.80 20.57 33.33 82.33
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 10 18.00 13.14 30.00 76.30
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - - - -
内分泌・代謝・神経内科で最も多い症例は、2型糖尿病です。
2型糖尿病では、インスリン注射を使用している患者が多いです。

※症例数が10件未満のものについては、「-」と表示しています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 81 5.72 6.13 0.00 0.00
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病なし 38 5.24 5.83 0.00 1.05
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし 16 10.50 11.01 0.00 0.00
080270xxxx1xxx 食物アレルギー 手術・処置等1あり 13 1.00 2.13 0.00 2.92
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 12 4.58 5.95 0.00 1.17
小児科で最も多い症例は、新生児黄疸です。
次いで、急性気管支炎が多くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx010x0x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 42 14.17 15.76 0.00 75.52
090010xx010xxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等1なし 36 8.25 10.15 0.00 68.36
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 32 5.06 9.00 3.13 69.44
060020xx02xxxx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 24 19.96 18.34 4.17 72.42
060335xx02000x 胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 21 8.19 7.11 0.00 63.38
外科で最も多い症例は、結腸がんです。
次いで、乳がんとなりましたが、R2年度ではヘルニアや胆のう炎の症例が多かったものの、順位が変わる結果となりました。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 73 27.96 25.32 35.62 82.38
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 57 23.86 19.34 8.77 82.63
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 21 12.43 13.07 4.76 61.71
160850xx01xxxx 足関節・足部の骨折・脱臼 骨折観血的手術 鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く。)、足、指(手、足)その他等 15 17.07 18.36 6.67 51.53
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2なし 14 31.71 19.02 7.14 84.50
整形外科で最も多い症例は、手術ありの大腿骨転子部骨折です。
高齢者の骨折が上位を占め、安静患者が多く、平均在院日数も全国平均より長めになっています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 69 21.96 15.63 40.58 73.00
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 54 24.96 18.90 72.22 72.52
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 23 9.83 11.78 0.00 81.83
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 21 19.38 17.48 28.57 78.24
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 18 29.17 15.57 38.89 77.89
脳神経外科で最も多い症例は、R2年度と同様、エダラボンを使用した脳梗塞です。
次いで、脳内出血が多くなっています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 55 12.93 13.12 12.73 75.64
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 55 2.13 3.30 0.00 74.33
040040xx97x00x 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 48 14.33 10.47 2.08 69.71
040040xx9905xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等25あり 36 6.92 19.34 0.00 69.22
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 30 3.77 9.07 0.00 72.00
呼吸器外科で最も多い症例は、肺がんです。
上位全て肺がんが占めており、手術なしの患者が多いものの、平均年齢は下がってきました。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 96 3.77 6.13 0.00 0.00
120200xx99xxxx 妊娠中の糖尿病 手術なし 66 2.08 5.37 0.00 32.02
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 39 3.36 4.34 0.00 69.23
120170x199xxxx 早産、切迫早産(妊娠週数34週未満) 手術なし 34 23.26 21.53 14.71 31.88
120140xxxxxxxx 流産 25 1.92 2.44 0.00 33.72
産婦人科で最も多い症例は、妊娠糖尿病母胎時症候群です。
次いで、妊娠中の糖尿病、子宮がんが多くなっています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 24 3.54 4.92 0.00 74.25
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 10 7.90 7.84 0.00 12.60
03001xxx99x2xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり - - - - -
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり - - - - -
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし - - - - -
耳鼻咽喉科で最も多い症例は、R2年度同様、めまい等の前庭機能障害です。
次いで、扁桃肥大が多くなっています。

※症例数が10件未満のものについては、「-」と表示しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 67 2.09 2.50 0.00 71.55
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 59 15.08 13.14 3.39 80.83
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 31 9.35 7.87 0.00 69.97
110280xx9900xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 29 17.66 10.39 6.90 71.31
110070xx03x0xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等2なし 25 8.96 7.02 0.00 75.12
泌尿器科で最も多い症例は、前立腺がんの確定診断のために行う前立腺針生検の症例です。
次いで、急性腎盂腎炎が多くなっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 54 11 16 37 37 19 1 7,8
大腸癌 27 21 34 41 39 12 1 7,8
乳癌 24 36 - 12 - - 1 7,8
肺癌 35 14 26 111 25 149 1 8
肝癌 - - - - 17 16 1 7,8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
「5大がん」とは、胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんのことをいいます。
「UICC TNM分類」とは、UICC病期分類国際対がん連合によって定められたものです。T(原発腫瘍の拡がり)、N(所属リンパ節転移の有無と拡がり)、M(遠隔転移の有無)を評価し、癌の進行の程度を表す為に作られたのがStage分類です。
StageⅠ(早期)からⅣ(末期)の4つに分類しており、StageⅣが最も進行した病期となります。
当院では、StageⅣの肺がん患者が多く、他のがんと比べて再発も多くなっています。R2年度から胃がんや大腸がんの患者数も増えてきています。

※症例数が10件未満のものについては、「-」と表示しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - 7.50 64.25
中等症 47 14.21 80.91
重症 23 17.26 84.35
超重症 13 28.08 85.08
不明 - - -
市中肺炎とは、一般の社会生活を送っている人、すなわち健康な人あるいは軽度の病気を持っている人に起きる肺炎を指します。
中等症が全体の半分を占め、重症度が高いほど、平均年齢も上がっています。

※症例数が10件未満のものについては、「-」と表示しています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 181 23.04 77.63 34.20
その他 12 22.83 79.83 3.11
脳梗塞患者の約9割が3日以内の発症で治療を開始しています。
R2年度と比べ転院率は低くなりました。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器・循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 29 2.93 9.03 3.45 83.03
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 26 1.81 2.50 0.00 69.69
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 16 0.00 14.88 6.25 76.25
K597-2 ペースメーカー交換術 13 1.00 3.85 0.00 83.85
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
呼吸器・循環器内科では、ペースメーカー移植術が最も多くなっています。

※症例数が10件未満のものについては、「-」と表示しています。
消化器・血液・腫瘍内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 103 2.76 8.50 0.00 80.34
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置 頭頸部その他に設置した場合 48 3.33 15.35 2.08 70.29
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍胃粘膜下層剥離術 44 0.30 6.41 0.00 75.25
K654 内視鏡的消化管止血術 43 0.21 13.81 6.98 73.63
K686 内視鏡的胆道拡張術 34 1.50 7.68 5.88 79.09
消化器・血液・腫瘍内科では、内視鏡的手術が多くを占めています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7193 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術 45 3.51 14.6 2.22 77.00
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 37 1.46 5.35 0.00 64.68
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 20 1.55 5.95 0.00 70.55
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置 頭頸部その他に設置した場合 18 3.00 9.44 0.00 62.56
K6552 胃切除術 悪性腫瘍手術 17 2.94 14.12 0.00 72.94
外科では、結腸切除術が最も多くなっています。
他にも、がんに対しての手術も多く行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 66 3.68 19.88 31.82 79.85
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 21 2.10 21.29 14.29 65.62
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 19 4.68 24.00 36.84 81.58
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む) 椎弓切除   17 11.35 47.18 0.00 72.71
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 16 4.38 33.94 0.00 73.81
整形外科では、大腿への骨折観血的手術が最も多くなっています。
平均年齢が高く、平均術後日数も長めです。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 30 0.40 8.13 3.33 81.50
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所 - - - - -
K145 穿頭脳室ドレナージ術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K1541 機能的定位脳手術 片側の場合 - - - - -
脳神経外科では、非外傷性の硬膜下血腫に対する慢性硬膜下血種穿孔洗浄術が最も多いです。

※症例数が10件未満のものについては、「-」と表示しています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 28 2.46 10.39 0.00 67.75
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 16 1.00 9.56 0.00 71.25
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの) 10 6.70 11.10 0.00 58.50
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置 頭頸部その他に設置した場合 - - - - -
K496-2 胸腔鏡下醸膿胸膜又は胸膜胼胝切除術 - - - - -
呼吸器外科では、肺がんに対する手術が最も多くなっています。特に、胸腔鏡下の手術が上位を占めています。

※症例数が10件未満のものについては、「-」と表示しています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K861 子宮内膜掻爬術 25 0.00 0.96 0.00 51.76
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 23 0.00 1.13 0.00 61.43
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 23 1.00 4.00 0.00 45.61
K9091イ 流産手術 妊娠11週までの場合 手動真空吸引法によるもの 23 0.00 0.91 0.00 34.04
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 22 0.95 2.36 0.00 40.73
産婦人科では、子宮内膜掻爬術が最も多くなっています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 10 1.00 6.10 0.00 19.80
K6261 リンパ節摘出術 長径3センチメートル未満 - - - - -
K3932 喉頭腫瘍摘出術 直達鏡によるもの - - - - -
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - - - - -
K3721 中咽頭腫瘍摘出術 経口腔によるもの - - - - -
耳鼻咽喉科では、口蓋扁桃手術が最も多いです。

※症例数が10件未満のものについては、「-」と表示しています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 46 1.13 5.78 0.00 74.28
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術 内シャント造設術 単純なもの 37 4.84 9.46 5.41 70.86
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置 頭頸部その他に設置した場合 25 2.96 10.56 0.00 73.44
K797 膀胱内凝血除去術 10 0.00 15.00 0.00 86.00
K6147 血管移植術、バイパス移植術 その他の動脈 - - - - -
泌尿器科では、経尿道的な膀胱悪性腫瘍手術が最も多くなっています。

※症例数が10件未満のものについては、「-」と表示しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 19 0.34
180010 敗血症 同一 - -
異なる 13 0.24
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 11 0.20
異なる - -
この指標は、医療の質の改善に資する為、播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症及び手術・処置等の合併症について、入院のきっかけとなった病名との同一性を区別して対象患者数と発症率を示したものです。
手術・処置等の合併症では、術後の出血が多く挙げられます。
R2年度より、発生率が低くなりました。

※症例数が10件未満のものについては、「-」と表示しています。
更新履歴
R4.9.28作成