理念・基本方針

理念

 私たちは、患者さんが安心と満足を得られる医療を展開します。

基本方針

1.患者さん中心の「医療」

患者さんとの信頼関係を大切にし、病める人への配慮を常に忘れず、心のこもった患者さん中心の医療を提供します。

2.地域の中核病院としての「医療」

地域中核病院としての役割を担い、二次医療を中心に業務を遂行します。

常に医療の安全と医療水準の向上をめざし、診療機能の充実を図ります。

地域の医療、保健、福祉との連携を緊密にし、地域住民の健康を守ります。

3.全職員参加の「医療」

全職員は、自己の業務を充分に理解し、他の医療職種との連携を図ってチーム医療を推進し、自己に課せられた業務に意欲的に取組み、病院機能の一層の充実を図ります。全職員は、病院運営に参加しているという自覚を持ちます。

4.地域医療を担う「人材の育成」

臨床研修指定病院・各種学会認定研修施設・臨床実習病院として、教育・研修体制の充実を図り、次世代の地域医療を担う人材を育成します。

 

 

患者さんの権利

 患者さんは、次のような権利があります。

 1.治療について充分な説明を受け、それを理解した上で、自らの選択と同意に基づく医療を受ける権利

 2.必要な情報を得る権利

 3.平等で最善の医療を受ける権利

 4.プライバシーを尊重される権利

 

平成29年5月1日

 

個人情報保護方針はこちらをご覧ください。