緩和ケア委員会

緩和ケア委員会

 大館市立総合病院では、当院または地域における緩和医療を推進するため、平成20年4月から緩和ケア委員会を発足し、緩和ケア充実のため以下の活動を行なっております。

1)緩和ケアチームによる緩和ケアの実施
2)在宅での緩和ケアを実施するため、かかりつけ医・訪問看護ステーションとの地域医療連携の推進
3)院内における緩和ケアに関する勉強会の開催
4)講師を招いて行なう、地域医療機関向けの緩和ケア講習会の開催
5)緩和ケアに関する講演会・研究会の通知

◎ 緩和ケアチームについて

 緩和ケア委員会では平成20年6月より、全てのがん患者、ご家族の皆様の苦痛軽減と療養生活の質の向上のため、緩和ケアチーム活動を開始しております。緩和ケアチームでは、がん患者の痛みやだるさ、苦痛等による身体症状の緩和や、不安や抑うつ等による精神症状の緩和について、知識、経験をもつスタッフ(緩和ケアチーム)による問題解決の援助を行なっております。

 

 緩和ケアとは、生命を脅かす疾患に起因した諸問題に直面している患者と家族のQOLを改善する方策で、痛み、その他の身体的、心理的、スピリチュアルな諸問題の早期かつ確実な診断、早期治療によって苦しみを予防し、苦しみからの解放を実現することである。

〜2002年WHO定義より

 

 これまでの緩和ケアは、がん終末期に主として行なうケアと考えられてきましたが、現在では一般的に、がん治療と緩和ケアを併用して行なわれるものと考えられています。

 

緩和ケアチームとしての活動

1)がん性疼痛コントロール
2)治療(放射線療法・化学療法)に伴う症状の緩和
3)患者・家族の不安に対する相談支援
4)在宅療養への移行支援
5)その他、がんに関わる苦痛の緩和

緩和ケアチームメンバー
  • 身体症状の緩和を担当する医師
  • 精神症状の緩和を担当する医師
  • 緩和ケアの知識を有する薬剤師
  • 緩和ケアの知識を有する看護師
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士
  • 医療ソーシャルワーカー
  • 栄養士

 

市民向け講演会『もっともっと知ろう緩和ケア2018』を実施します

 市民向け講演会『もっともっと知ろう緩和ケア2018』を実施します。

 緩和ケア委員会では、毎年度、市民の皆様を対象とした緩和ケア講演会『もっともっと知ろう緩和ケア』を行っております。『緩和ケア』とは、がんによる身体や気持ちのつらさを和らげることを目的とした医療です。講演会は3階ギャラリーにて比較的小規模に実施しており、市民の皆様と緩和ケアチームの距離感を縮めるアットホームな雰囲気を目指しております。

 

 今年度も下記の日程で『もっともっと知ろう緩和ケア2018』を開催いたします。

 講演会の日時とテーマにつきましては、各外来、病棟に掲示されている院内ポスターにも掲載されています。事前の申込みは不要です。皆様のご参加をよろしくお願い申し上げます。

 

1.講演会の日程

 第1回 平成30年8月30日 11:00〜12:00『緩和ケアって何?・家族のつらさを和らげよう』
 第2回 平成30年9月13日 11:00〜12:00『身体のつらさを和らげよう・医療用麻薬って何?』
 第3回 平成30年9月26日 11:00〜12:00『気持ちのつらさを和らげよう』
 第4回 平成30年10月11日 11:00〜12:00『がん療養における食事と社会保障を知ろう』
 第5回 平成30年10月25日 11:00〜12:00『リンパ浮腫のケアとがんリハビリテーションを知る』
 第6回 平成30年11月8日 11:00〜12:00『放射線治療と化学療法の不安を無くそう』

 

2.講演会の風景『もっともっと知ろう緩和ケア2017』

 

 

 

 緩和ケアに関するご相談は相談支援センターまでお願いします。

 

大館市立総合病院 院長 吉原 秀一
緩和ケア委員会 委員長  大石 晋

【連絡先】 相談支援センター
 電話番号 0186-42-5370
 FAX 0186-42-5367